文章で月に100万円以上稼ぐ5つの心理テクニック

こんにちは関です。

 

今回のテーマは「文章で月に100万円以上稼ぐ5つの心理テクニック」です。

 

  • 文章で稼げるようになりたい
  • ネットで収入を作って、空いた時間とお金を好きなことに使いたい
  • 会社に縛られる生活を辞めたい

 

あなたもそんな理想を持っていませんか?

 

以前の記事で、会社員として、時給で働くことから抜け出すためには、ネットで商品を作りそれを販売することだと解説してきました。

 

 

まだ読んでいない方はこちらの記事を読んでください。

お金がない人とお金持ちのたった1つの決定的な違い

 

 

とはいえ、初心者の人がいきなりネットで商品を売れるようになるのかというと、少し難しいと感じる人が多いと思います。

 

 

実際には、商品を売る技術が必要になります。

 

 

そこで今回は、ネットで商品を販売する具体的なテクニックの部分をお伝えしていきます。

 

正直、有料級の内容ではあるのですが、この記事を読んでくれたあなたはラッキーです。

無料でお伝えするので安心してください。

 

 

今回お伝えするのは5つの心理テクニックです。

 

 

これらを活用すれば、あなたが売りたいものを、売りたいタイミングで売ることができ、お客さんにも満足してもらえるwin-winのビジネスを作ることができます。

 

それでは説明していきます。

 

人間を動かす5つの心理テクニック

人間を動かす5つの心理テクニックがこちらです。

  1. 得たい欲
  2. 避けたい欲
  3. めんどくさいをなくす
  4. デメリットを伝える
  5. 未来を売る

それぞれ解説していきます。

 

①得たい欲

 

人間が何か行動を起こすときには、得たい欲を刺激することです。

得たい欲とは、こうなりたいといった理想や、これが欲しいという欲望です。

 

なぜなら人間が行動する理由には2つの欲求しかないからです。

 

  1. 何かを得たい
  2. 何かから逃れたい

 

です。

 

 

つまり、理想を手に入れたいor痛みから逃れたいかなんですね。

 

そのうちの理想を手に入れたいという欲求に訴えるのが、この得たい欲になります。

 

  • 痩せたいからダイエットのサプリを買う
  • 英語を学びたいから英語の教材を買う

 

などが得たい欲になりますね。

 

人間は心の底から、結果が欲しい、理想を手に入れたいと思った時に行動します。

 

逆にいうと、それだけ本気で手に入れたいと感じさせない限りは行動しないんですね。

 

 

②避けたい欲

 

2つ目が避けたい欲ですね。

 

実は、人間は得たい欲よりも、この避けたい欲の方が強く働きます。

何かを得たいよりも、痛みから逃れたいという方が行動する理由になるんですね。

 

なぜなら、緊急性があるからです。

 

 

例えば、歯が痛くなってから歯医者に行きますよね。

病気になってから病院に行きますよね。

少し太ってきたなと思ってからダイエットを始めますよね。

 

 

人間は、痛みを避けたい、痛みから逃れたいと思うときに行動するんですね。

その痛みを感じるまでは行動しないんです。

 

 

③めんどくさいをなくす

 

3つの心理テクニックがめんどくさいをなくすです。

 

人間はめんどくさがりなんですね。

 

 

調べば出てくることも調べるのがめんどくさいし、

どれだけ太ってても、ダイエットも極力やりたくないんですね。

 

だから、できるだけ簡単に痩せるためならお金を払うんですね。

それで売れるのがサプリメントです。

 

世の中の商品は実は人間のこのめんどくさいを解決するものがほとんどです。

とにかく人間はめんどくさがりです。

 

 

だから、何か商品を売る時も、買うまでの手順を11つ具体的に説明してあげる必要があるんですね。

 

ステップ①では、まずはじめにこれをやって〜

ステップ②では、次にこれをやって〜

 

こうやって、具体的に説明しないと行動できないんですね。

 

 

だからそれを理解してあげて、お客さんのめんどくさいという感情を取り除いてあげると、物が売れやすくなります。

 

 

④デメリットを伝える

 

次が、デメリットを伝えることです。

 

ものを売るときにやってしまいな間違いとして、みんないいことだけを伝えようとするんですね。

 

でもそれは間違いです。

なぜかというと、いいことばかりだと人は逆に疑うんですね。

 

 

こんなに美味しい話があるのか?

何か裏があるんじゃないか?

 

って。

 

 

だから、デメリットは正直に伝えた方がいいんです。

そうすることで、お客さんからも信頼されますし、納得して買ってもらえます。

 

 

例えば、ワイヤレスのイヤホンってあるじゃないですか。

あれすごく便利ですよね。

 

コードがないので動きやすいし、

近くにスマホがなくても音楽が聴けたり、

デザインもかっこいいし、みんな使ってるし。

 

でもこれだけメリットを伝えてもなかなかお客さんは行動しないんですね。

いいものなのはお客さん自身もわかってるんで。

 

大切なのは買うと決断してもらうことなんですね。

 

だから、

 

ただ、無くしやすいので、ものをよく無くす人にはおすすめしません。

 

みたいなデメリットも伝えるんです。

 

 

そうすると、お客さんの心境としては、

「そうなんだ、でも自分はあまり無くさないから買おう」

「じゃあ、自分はやめておこうかな』

っていう決断ができるんですね。

 

もしデメリットがどうしても嫌だったら買うのをやめる人も出てくるんですけど、

それはそれでOKです。

 

 

なぜなら、この買うかどうか迷うところまでいくのが大事なんですね。

 

最終的に買うかどうかを決めるのはお客さんです。

欲しくない人に売ることはしないんで。

 

 

買いたいひとに買う決断をさせられるだけでいいんですね。

 

 

⑤未来を売る

 

売るときに大切なのは、未来を売ることなんですね。

 

 

ものを売るときに、商品の細かい説明とかはいらないんですね。

なぜかというと、人間は自分の人生をよくすることにしか興味がないからです。

 

 

自分の人生をどう理想の未来にするか

そのために商品を買うんですね。

 

だから商品の内容とかどうでもいいんです。

 

例えば、パソコンを売るとして、「このパソコンにはこんな性能があります」とか「容量がこのくらいで〜」とかは要らないんですね。

 

それよりもこのパソコンを買えば、「かっこいいパソコンですね」って女性の社員から褒められるとか

 

パソコンで副業が効率よく進められて、時間と場所に縛られない生活ができるようになるとか。

 

スタバでかっこよく仕事ができるとか

 

 

そういう、理想、未来を提示するんですね。

その方が買いたくなりますよね。

 

 

大切なのは、未来を売ることなんです。

 

 

5つの心理テクニックを身につける手順

では、この5つのテクニックをどう身につけていくか。

もちろん、話を聞いただけでは身につかないんですね。

 

 

だから、文章を書くときに1つだけでいいので、使ってみましょう。

 

 

具体的な手順としてはこのような感じです。

  1. 記事を書く
  2. 読者の気持ちになって見直す
  3. 弱いと感じる部分にテクニックを1つ入れてみる

 

これから、SNSでもブログでもなんでもいいんですけど、文章を書きますよね。

 

 

そのときに、書いた文章をお客さんの気持ちになって見直してほしいんですね。

 

 

そして、なんか心に響かないな、微妙だなってところがあったら、

得たい欲を入れたり、避けたい欲を入れて、心が動くがテンションが上がるかを試してほしいんですね。

 

 

これを繰り返していくと、

文章でものを売るのが上手くなります。

 

 

まとめ

今回は、文章で月に100万円以上稼ぐ心理テクニックについてお伝えしました。

 

実際に稼いでいる人は、みんな使っているテクニックです。

 

 

もしこれから誰かのブログを見たり、販売ページを見る際には、今回のポイントが使われているか、確認してみてください。

 

その積み重ねがあなた自身の稼げるスキルになります。

 

 

では今回は以上です。

 

今すぐネットで商品を作り3000円を稼ぐ方法

期間限定 キャンペーン実施中

※人数限定※ 無料LINE電話相談 受付中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA