平凡な大学1年生だった私が、「会社員の収入に依存しない生き方」を実現するまでの具体的な道のり(実話)

 

会社員の収入だけに依存しない
”ゆとり世代の生存戦略”
に興味がある方必見!?

オンラインビジネス歴9年の
現役ビジネススクール講師が
過去の全てを大暴露!

知識0、経験0、人脈0の
大学1年生が
オンラインビジネスで起業。

わずか1年で単月39万以上の
利益を獲得し、
その5年後に
年商6900万規模の
事業まで成長させ

20代でFIREを達成した
具体的な道のりをすべて公開します。


はじめまして!
関純平と申します(^^)

私は大学1年生からオンラインビジネスを始めて現在で9年間目。

現在は年商6900万規模の事業をオンラインビジネスで達成し、20代でFIREまでたどり着けました。

 

私は現在「オンラインビジネス」のみで生計を立てています。

2012年(当時大学1年生)からオンラインビジネスを始めました。

オンラインビジネスを始めた当時は右も左もわからない0の初心者でしたが、現在は会社を1社経営しオンラインビジネススクールの運営をするまでに至りました。

現在は379名以上の教え子が全国にいます。
(過去の教え子総数だと700名以上を個別指導してきました)

 

 

事業規模も浮き沈みはあれど着実に利益を出し続け、

2018年8月~2019年7月末の第1期確定申告では売上額¥69,866,522-

2019年8月~2020年7月末の第2期確定申告では売上額¥30,944,474-

とコロナシーズンの中でも年商3,000万規模の売上を出せる状態まで事業を拡大することができました。

 

今回は、そんな私の起業当初の出来事や具体的な道のりを全て実話に基づいてお話していきます。

正直、かなり恥ずかしい話も含まれています…
あんまり人に言いたくない黒歴史も含まれているからです…

ですが、「誰でも行動次第で自分の人生を切り開くことができる事」ご理解戴くために、恥ずかしい気持ちを無にして話します。

私が通ってきた失敗は、自分が失敗しないための教訓として。

私が上手くいったきっかけは、あなたが上手くいくための気づきとして。

0の状態の私がどのようにして成果を出してきたかを、今後のあなたの活動にぜひ役立ててください!

平凡な大学生からのスタート

 

大学1年生の頃の私は、 「THE 大学生」という生活をしていました。
大学に入ったばかりの頃の私は 「夢の大学生活」という
言葉に踊らされて遊びほうけていました。

 

飲みサークルに参加して 毎週のように飲み会でバカ騒ぎ。
学校帰りは カラオケやボーリングが当たり前。

夕飯を学校帰りに友達と食べて、
いつも深夜 12 時過ぎまで遊び、 帰ってすぐ寝る。
週の4~5日はコンビニでバイトをしている。

という生活を続けていました。


とても楽しい生活でしたが自分にはそれがどうも合いませんでした。
なぜかというと、いつも心の片隅に 「モヤモヤ」があったからです。

 

「このまま遊んでいていいのだろうか?」

「人生で一番自由に時間を使える時期を遊びに使い切ってしまっていいのか?」

「今だからこそできることが何かあるんじゃないか?」

 

そんな疑問がいつも心の隅にあったんです。

 

その頃はニュースを見れば就職難の話だったり
大手企業が大規模なリストラをした話だったりと不況の話ばかりでした。

次第に自分の中での疑問が大きくなっていきました。

 

オンラインビジネスとの出会い

 

インターネット上で起業して自分の力でお金を稼ぐという世界をこの時はじめて知りました。

 

もともと大学の選考が商業関係の分野だったのでビジネス的な話は大好きでしたがはじめはとてつもなく怪しい世界だと思いました。

 

「たった1時間の作業をするだけで 月○○万円の収入になります!」
「クリック、コピペするだけで 月収○○万円」

 

こんな、いかにも「嘘っぽい」 「ありえないだろ」というキャッチコピーの広告ばかりが ネット上には散乱していたからです。

「オンラインビジネス=怪しいもの」というのが当時のイメージでした。


しかし、詳しく調べていくと この世界の可能性がとてつもなく大きいことを知りました。

それを知ったのはある 1 つのYouTubeの動画がきっかけです。

その動画のおかげで、
「オンラインビジネスもしっかりしたビジネスなんだな」
ということを改めて理解したんです。

どういうことかというと

・お客様を集めて
・商品を用意して
・お客様に商品を販売する

この基本的なビジネスの流れを 「インターネット上」で行う。
それがオンラインビジネスなんだと改めて理解したのです。

そして オンラインビジネスはリアルビジネスよりも、低資金で始められることを知りました。

 

極端な話ブログ1つ作ってしまえば 自分の店を持ったことになります。

そしてさらに私を釘付けにしたのはネットならではの「ビジネスオーナー化」という点でした。

 

ネット上なので、先ほど話した

・お客様を集めて
・商品を用意して
・お客様に商品を販売する

という流れをネット上で仕組み化することが可能だということを知ったのです。


例えば、ネット上でアクセサリーショップを運営したと考えてみてください。

サイトのデザインをきれいに整え、「アクセサリー(=商品)」の写真をサイトに載せ、購入できるように購入ボタンを用意し、決済システムも用意している状態です。

 

※上記のサイトは私の実の兄が運営しているオンラインアクセサリーショップです
ショップの詳細はこちら

 

ここまでサイトを整えてしまえば、あとはニーズがある「読者」をSNSやネット広告から
このネットショップに集客してしまえば、完全に自動で商品の販売が行われます。

 

つまり 「オーナー収入」 を自分の手で作ることが可能なんだと知りました。

 

胡散臭い、怪しい世界だと思っていたオンラインビジネスのイメージが

大学生の私でも本当に稼げるようになるんじゃないか!?

という希望に変わった瞬間でした。

 

それからの行動は早かったと思います。

ビジネス書や成功哲学の本を本屋で何十冊も購入し、ネット上の情報もひたすら調べ高額のセミナーや情報商材も何度か購入しました。

 

悲惨!20万円の自己投資で5000円の成果

 

トレンドアフィリ
出会い系アフィリ
サイトアフィリ
オークションビジネス
せどり
etc…

 

ネット上で「稼げる」と言われている物はひたすら手を出していました。
それこそ毎月の遊ぶ金は全て自己投資にあてていました。

そして半年近く独学でひたすら勉強していました。

しかし・・・

20万円以上の自己投資を行っても、半年でたったの 5000 円しか稼げませんでした。
始めた当時思っていたような結果はほとんど出なかったんです。

いくら独学で勉強しても
「具体的にどういう道のりで稼ぐ仕組みを組み立てていけばいいか」
がわからなかったんです。

しかも、1つのビジネスをしながら他のビジネスにも手を出していたせいで、どのビジネスも全て中途半端に終わっていました。

いわゆる「ノウハウコレクター」の状態ですね。


1つのビジネスが長く続かないのが私の悪い癖でした。
続かない理由は 「やっててもつまんないから」

多くのオンラインビジネスは 「作業ゲーム」 で全くやっていて面白くなかったんです。

 

トレンドアフィリは興味のないニュース記事を毎日チェックするのが嫌になって挫折しました。

サイトアフィリエイトは使ったことがない商品をレビューしても、そもそもレビューする記事が書けずに挫折。

せどりは商品を仕入れに行くのがそもそも疲れてしまうのと、資金面的に仕入れがそこまで大きな額はできませんでした。(せいぜい3000円~5000円ものを月に5,6個仕入れるのがやっとでした)

 

そもそもやっていて楽しくありませんでした。
楽しくないから長続きしません。

作業をしようとパソコンに向かってもいつの間にかYouTubeの動画を見始めたり、いつの間にかスマホに手が伸びて気づいたら3時間~4時間過ぎてるなんてことが多々ありました。

そんな中途半端な気持ちで続けた結果半年たって気づいたときには合計で 5000 円しか稼げていない状況です。

稼げた5000円も、たまたま出てきたようなもので、何回も再現できるかと聞かれたら自信をもって「できます」とは言えませんでした。

毎日毎日サイトを作ったり、ブログ記事を書いたりと単純作業ばかりをしていたので

「ぜんぜん稼げないじゃん…」
「オンラインビジネスってつまんないなんだな」
「俺には向いてないのかな…」
「大学のみんなは遊んでるんだし 俺も遊んだほうがいいんじゃないか?」

正直このころはオンラインビジネス自体も「大学中に稼げたら大学の友達に自慢できる」くらいの中途半端な気持ちでやっていたのでもうオンラインビジネスに対する熱も無くなりかけていた、そんな時。

 

私の中で「稼げたらラッキー」から「稼げないと今後将来やばいかも」という気持ちに変えるある事件が起こりました。

 

大学4年生の12月に内定をもらっていない先輩との会話

 

ある日、私が所属しているサークルの部室に顔を出したときに1人の先輩が頭を抱えてため息をついていました。

私は当時、軽音サークルでドラムを演奏していました。
そのサークルに所属していた先輩が「内定先が見つからない」と部室で頭を抱えていたのです。

 

話を聞くとエントリーシートは50枚以上書き、面接には30社以上行っているにもかかわらず内定が決まっていないとのことでした。

その話を聞いたのは私が大学1年生の12月(冬)のころです。
大学4年の先輩が就職氷河期で内定をもらっていない事実をこの時、初めて知りました。

先輩はあと4か月で卒業にもかかわらず内定が決まっていないので焦っていました。
それこそ「卒業ライブ」どころではない状態です。

当時の私はまだ大学1年生だったので就職活動は行っていませんでしたが
先輩の焦る姿を見て「今の時代は入りたい会社に入ることすら難しいのか」と痛感しました。

そして先輩は私に対して

「いいよね、関君はまだ大学1年生だから。大学3年の中盤あたりから就職活動始めると全然遊べなくなるから、今のうちに全力で青春しておいた方がいいよ!」

とアドバイスしてくれました。

 

しかし私は先輩のアドバイスに対して

「今の大学1年生のうちに遊んでいたら、4年生になった時先輩と同じように就職活動で困るのか」

と逆に考えてしまいました。

 

それこそ、就職をした後のことを考えても

☑入りたい会社に入れなかったらどうしよう。
☑入った会社が全くやりがいを感じない仕事ばかりを30年、40年とさせられたらどうしよう。
☑給料が低くて、上司や同僚とそりが合わなかったらどうしよう。

など様々な不安がどんどん浮かんできました。

 

この時私は、自分がやっているオンラインビジネスのことを思い出しました。

もし、大学在学中に月10万でも20万でも収入がオンラインビジネスで作ることができたら
将来の選択肢はすごい変わると思いました。

入りたい会社に入れなかったとしても、自分で収入が作れるなら無理に就職する必要はなくなります。

もし、就職して+@の収入があれば、入社1年目で月30万以上の収入を作ることも夢ではありません。

もっといえば、入社した後に社内の人と気が合わなくても「辞めます」と言えるだけの心の余裕ができます。


そう考えたら、

「オンラインビジネスで稼げればいいな」という思いから
「大学在学中に絶対成果を出せるようになりたい」という気持ちに変わっていきました。

 

そして過去の失敗を振り返って私が一番思ったのは「独学には限界がある」という事でした。

 

「しっかり取り組むと決めたのであれば、まずは学べる場所を探そう」

と思い、オンラインビジネスを専門で教えている環境を探し始めました。

 

 

私の人生を変えた環境との出会い

 

私は大学1年生の冬から大学とは別で「オンラインビジネス」を専門で教えている専門学校に入りました。

その環境はとてもしっかりしていて、学校というよりも「車の教習所」に近い環境でした。

実技と学科に分かれていて、生徒1人1人が
「インターネット上に自分のビジネスを0から立ち上げていく」
という実践ベースのカリキュラムが組まれていたのです。

実技講習では担当講師が1人1人についてくれるので、わからない場所があればいつでもLINEや通話で答えてくれます。

また、学科は毎週2回~3回セミナー形式でリアル講義を行ってくれていたため
常に毎週新しい知識をインプットし、自分のビジネスにアウトプットできる環境でした。

※上記が実際に私が学んでいたビジネススクールの授業風景です

学費は数十万する環境だったので、安くはなかったですが
バイト代で月7~8万ほど収入はあったので、月3万の分割で支払っていました。

なぜそこまで費用をかけて学ぼうと思ったのか疑問に感じる人も、もしかしたらいるかもしれません。

理由は単純で、私は「自分の力で収入を作る」というスキルは、どんな資格よりも自分の人生に役立つと思っていたからです。

大学では「いろいろな資格を取ろう」と言われる機会が多かったですが

ファイナンシャルプランナーの資格も
TOEICの資格も
公認会計士の資格も

すべて「いい会社に就職するため」に取る資格ばかりです。

しかし今の時代、入った会社が定年まで面倒を見てくれる保証はどこにもありません。
であれば、「自分で収入の柱を作れるようになる」スキルのほうが重要だと考えていました。

どんな資格を取るにしても50万~80万くらいは学ぶ費用に掛かります。

だったら「ビジネスのスキル」を身に着けることに大きな費用をかけたほうが、私は自分の人生の+になると考えていました。

 

情報発信の重要性に気づく

 

私が学んだスクールでは

「ブログ上で情報発信を行い、お客様を集客し、情報商品を販売して利益を獲得するビジネス」

を専門で教えていました。

意外に思うかもしれませんが「情報」は数ある商品の中で一番優秀な商品です。

 

優秀な商品のポイントとしては4つの要素が挙げられます。

  • 資金がかからない(小資金で始められる)
  • 在庫を抱えない
  • 利益率が高い
  • 仕組化できる

 

この4点は有名な「ホリエモン」こと堀江貴文さんも話しています。

 

「情報」は上記4点をすべて抑えた商品です。

・資金がかからない
⇒知識を販売するのでコスト0で商品を作れます。

・在庫を抱えない
⇒PDFや動画教材を扱う場合、商品はデータ販売なので在庫を抱えず何度でも販売し続けることができます。

・利益率が高い
⇒原材費が0円の商品なので「売上=純利益」になります。

・仕組化できる
⇒在庫を抱えないので「集客~販売」までの流れをインターネット上に組むことができれば、オーナー化することが可能です。

 

そして、「情報」を商品として扱っている業種は様々な分野で上げられます。

 

英会話スクールは「英語を教える」という情報を商品を扱い
音楽教室は「楽器の弾き方を教える」という情報を商品を扱い
スポーツトレーナーは「効率的なスポーツの練習方法」という情報を商品として扱っています。

 

私は当時「恋愛」という分野で情報発信を行い収益を出しました。

ターゲットは「毎回友達どまりで終わってしまう男性」をターゲットにして
恋愛についてのオンライン講座を商品として9800円という価格帯で販売していました。

内容は「ユーキャンの通信講座」のように1カ月間のメール講座です。

 

当時スクールで学び始め、講師の方に迷惑をかけながら試行錯誤した結果・・・

 

学び始めてたった3ヶ月で月収が8万円を達成

 

初めは驚きました。

今まで右も左もわからなかった自分が、
講師の言う通りに3か月続けたら、9800円の商品が8本売れて
本当にネットから8万円の利益を獲得することができました。

当時販売していた恋愛講座が初回申し込み8人も来てくれたのです。
独学の期間を考えるとトータル10カ月目にしてようやくまとまった収益が出てきました。

当時の私は思わずガッツポーズをして喜んでいました(笑)

 

正直。ここから私はオンラインビジネスの世界にはまっていきました。

 

収益化して一番自分の中での変化は

「収益化までの道のりが具体的にわかるようになったこと」

でした。

 

RPGのゲームをやったことがある人ならわかるかもしれませんが、1周クリアした時と同じ状態です。

1周クリアした後に2周目をクリアするのは簡単ですよね?

それと同じように何をどの順番で構築していけば収益が出るかが分かるようになっていたのです。

 

独学でやっていた期間は正直0から収益がでるまでの道のりが全然見えてみませんでした。

 

「道に迷って、壁にぶつかって、成果が出ないのが当たり前」という状態だったのでオンラインビジネスに対しても半信半疑な状態だったのを今でも覚えています。

しかし、実際に自分のバイト代と同じくらいの収入がインターネット上で獲得できたとき「これはもっとやれば上手くなれる」という確信が生まれていました。

 

私はそこからまた新たにブログを作成し、別ジャンルで情報発信を行い始めました。

気が付くとスクールで学び始めてから1年たつ頃には運営ブログが3つに増えていて、20歳にして収入も単月で最大39万の利益を出していました。

この頃は大学よりもブログを書くことのほうが楽しくなっていました。

 

 

20歳の終わり(大学2年生の終わり)に大学を休学

ビジネススクールで学び1年が経った頃、私は大学を休学しました。

理由としては「オンラインビジネスのみで生計を立てられるか」を試してみたくなったからです。

 

当初の目標は大学4年生の卒業するまでに月10万~20万が作れるようになればいいなと思っていたのですが、いい意味で予想が外れて、大学2年生の終わりで月40万近く収入を作れるようになっていたのでこの決断にいたりました。

 

当時やっていたアルバイトもすべて辞めました。
家族ともしっかり話し合って、実家も出て1人暮らしをはじめました。

「1年間休学してオンラインビジネスのみで食べていけるかを試してみよう」と新たな行動をし始めたのです。

私がフリーランスとして活動し始めたのはちょうどこの頃ですね。

 

そしてまた別の意味で私の人生を変えるきっかけが訪れました。

 

 

ビジネススクールで講師をすることに・・・!?

 

当時お世話になっていたビジネススクールの恩師と休学後、話す機会があり
一緒に居酒屋で酒を飲みながら、今後の人生の方針について相談に乗ってもらった時の話です。

当時教わっていた担当講師の方とはとても仲が良くなり、よくご飯に連れていってもらっていました。

そして講師の方に「休学したんですよ(笑)」と話すと
「えー!!関くん休学したの!?」と驚かれました。

休学するまでの話をした後、講師の方に
「関くん、もし休学して時間あるんだったらウチのスクールで講師やってみない」
とお誘いをいただきました。

 

初めは驚きました。
そもそも私に講師ができるのかも疑問だったからです。

 

しかし、恩師の方に

「大丈夫!関くんウチで学んだビジネスモデルで何回も成果出してるんだから、自分がこれまでやってきたことを生徒さんに教えてあげれば全然できるよ!」

と軽く説得され、結果的に私は20歳の冬に、当時学んでいたスクールで講師側をすることになりました。

私が講師を始めようと思った1番の理由は「講師側の人たちのほうがビジネスの実力が高かったから」です。

学んでる生徒側の人たちと関わるよりも、教える先生側の人たちと関わる機会が増えたほうが絶対に得られるものが多いと思いました。

私はチャンスだと思い恩師の下でスクール講師をすることになりました。

 

全く別の経歴、業種の人も次々と成功…


数えれば限りないのですが多くの人に教えてきました。
講師を始めたばかりの頃は担当講師として1人1人のコンサルを行っていました。

学ぶ側の人も本当にオンラインビジネス初心者の方ばかりで、スクールで学び始めてからパソコンを買うという人も数多くいました。

私は教える側になってわかったことですが、人に何かを教えるのがとても好きな性格でした。

 

講師の仕事で一番面白いのは「自分が担当した生徒が成果を出したとき」です。

私が担当でうけもった生徒から「関さん!収益初めて出ました!!」

という成果報告が来た時が何よりもうれしかったです。
(今でも教えている生徒が成果出たときが一番うれしいです)

 

【教え子の成果報告】
(あくまでも個人の感想です。)

教え子が成果出たときは、私も一緒に喜んで、一緒にご飯を食べに行って成果祝いをしていました(笑)

 

私と同期で教える側になった先生たちよりも、私が受け持った生徒の収益率が1.5倍くらい高かったのが理由で、教える側を1年やった後は、全体講義の講師をするようになりました。

 

 

そして教える側にかかわって3年経つ頃には、新人講師も増えてきて「新人講師の教育」を任せられるようになりました。

どんどん立場が変わっていったのを覚えています。
結果的にはスクールで4年間講師を務めさせていただきました。

4年講師を務めたあたりで、新人講師の方たちも育ってくれたので、
「関君もう現場でなくても大丈夫だよ!」という事を恩師の方に言われました。

タイミングもよかったので、私は24歳でスクール講師を辞め独立しました。

 

25歳で法人化しオンラインビジネススクールの運営を始める

 

私はスクールから独立した後、何をしようか悩みました。

「自分が力になれる人達はどんな人だろうか?」

と悩んだ結果、私はオンラインビジネススクールを運営することを決めました。

 

一番の理由はSNS経由で数多くの人から

「オンラインビジネスの始め方を知りたい」


というメッセージをもらっていたからです。

 

オンラインビジネススクールにしようと思った理由はメッセージをくださる方達が「地方に住んでいる」場合が多かったからです。

 

私の過去の経験を話したときに

「学べる場所があれば学んでみたいが、そもそも住んでる地域に学べる場所がない」

という人が多かったのを今でも覚えています。

 

私は昔から東京に住んでいたので、関東圏内に住んでいる人なら当時私が教えてもらっていたスクールを紹介できるのですが

地方に住んでいる方(大阪、名古屋、福岡、沖縄、北海道など)に対して関東のスクールを紹介したとしても物理的に通うのが難しいです。

そして「無いんだったら作ればいい」と考えて、オンラインビジネススクールを運営することを決めました。

 

当時、講師として勤めていたスクールのいい部分は残したいと思ったので、私が作ったビジネススクールも「実技」と「学科」に分けて教えています。

実技では生徒さん1人1人のビジネスを0からインターネット上に構築する仕組みを実践してもらい、学科ではスマホやパソコンから動画授業で学べる形をとっています。

ここだけの話ですが・・・
当時学んでいたリアルのビジネススクールよりも学費は下げられました。

当時私が学んでいた環境は月間3万ほど費用が掛かっていましたが、
私が現在運営しているオンラインビジネススクールでは月1万~学び始めることが可能です。

理由としては「オンライン上で授業ができる」ためセミナー会場の費用など経費を削減できたことが大きいです。

教えている内容は当時講師として勤めていた環境が教えているものをベースに、私の過去9年間の経験で改良し「オンライン上に自分のビジネスを立ち上げる仕組み」を1から10まですべて指導しています。

もちろん担当講師も1人1人に着けて問題の発見、修正、を行っていくようにしています。
運営から数年たち、現在は370名以上の生徒がいる状態にまで成長しました(^^)

 

 

事業規模も着実に伸びていき、

2018年8月~2019年7月末の第1期確定申告では売上額¥69,866,533-

2019年8月~2020年7月末の第2期確定申告では売上額¥30,944,474-

とコロナシーズンの中でも年商3,000万規模の売上を出せる状態まで事業を拡大することができました。

 

 

あなたも変わるきっかけを探していませんか?

 

もしこの記事を読んでいるあなたが

「若いのうちに会社員の収入だけに頼らない生き方」を選べるようになりたい

と本気で思っているなら、私の知っていることでよければお力にならせていただきます!

 

私の会社の理念は

「0から収入の柱を作るスキル」を若いうちに手に入れ
将来の選択肢を自由に選べる「自立した個人」を育成すること

です。

 

そして教えた方たちが

自分の好きな時間に
好きな人たちと
好きな場所で
好きな仕事をしている

そんなコミュニティを作りたいと思っています。

 

私も19歳から今までいろんな人に迷惑をかけ助けてもらいながらビジネスを学んできました。

自分で稼げるようになった今、今度は私が昔の私のように悩んでいる人の力になれればと思っています。

 

また…ちょっと私的な話をすると

私は自分が教えた人たちが気軽に集まれるカフェバーを開き、今まで関わった人、
すべてをお店に呼び、酒を飲みながら馬鹿騒ぎをする。

という30代までに叶えたい目標があります。

 

将来的にカフェバーに来ていただくためにも、このブログにたどり着いた人には私に好意を持ってほしいので私の持っている知識、経験は包み隠さずお話ししていきます(笑)

 

今この記事を読んでいるあなたとも
私は一緒にお酒でも飲みながら夢を語り合いたいと思っています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

追記:

あなたがこのページにたどり着いたということは「会社員の収入だけに依存した生き方」に対して何かしらの疑問や不安を抱いているのではないでしょうか?

「終身雇用の崩壊」
「新型コロナウィルスによる仕事の変化」
「老後“3000万円”問題」
「AIの発達により10年後の職業の変化」
「総理大臣による「副業解禁」宣言」

など、数えればきりがないほど「就職=安心」と呼べない時代になっているこの現代。

「会社員の収入だけに依存しない生き方」を選択する事はまったく不自然ではありません。

あなたの世間に対する疑問は当然のものだと私は思います。

しかし・・・

今の時代であったとしても、世間の常識はなかなか変化していきません。

「大企業に就職した方が将来安心できる」

「ネットで仕事するなんて危ない事はするな」

「大学は卒業して、最低3年は1つの仕事を続けた方がいい」

など親の世代から言われてきた
「常識」を信じている人が
まだいるのは事実です。

でも私はその常識から外れた生き方をしてきました。

大学1年生から副業でオンラインビジネスを始め、現在は1社会社を立ち上げ、年商3000万規模の事業を立ち上げることができています。

これだけ聞くと嘘くさい話ですが、実話です。
本当に「会社員の収入だけに依存しない生き方」を20歳のうちに達成していました。


そんな私だからこそ声を大にしてあなたに伝えたい


「会社員の収入だけに依存しない生き方」は誰でもできます。

始めの1歩がわからないなら、相談してください。
私からの情報を受け取ってみてください。

話を聞くことに対して費用は一切かかりません。
周りに相談できる人がいないなら私を使ってください。

あなたの人生の選択肢が広がる事をお約束します。

 

今後も私から定期的に情報を受け取りたいと少しでも思っていただけた方は、私がやっている

「公式メールマガジン」「公式LINEアカウント」

にもぜひ登録してみてください!

 

「公式メールマガジン」では、こちらのブログでは公開していない「超実践的なビジネスワーク」について定期的に情報を提供していきます。

「知識」として知るだけでなく「実践して自分のスキルに変えていきたい」と思う方は、私のメルマガで得た知識を活かして、自分のオリジナルビジネスをオンライン上に立ち上げていってください!

私がお渡しする情報は、オンラインビジネスの中で一番低リスクで資産価値の高い

「Noteや各種SNSを活用して自分の強みを活かした情報発信ビジネスをどうやって構築していくか」

についてがメインになってきます。

0から始める初心者の方でもわかりやすいように、ワーク形式で情報を提供していくので、階段を上るように1歩1歩、自分のビジネスを構築していくことが可能です。

 

 

また「公式LINEアカウント」では、代表の関と個別LINE相談サービスを登録いただいたすべての方を対象に提供しています。

相談形式としては

「メッセージのみの相談(5通まで)」
「LINE通話による相談(1時間)」

の2つからお選びいただけます。

どちらを希望するかを選んでいただいた上で、登録いただいた公式LINEアカウントにメッセージをお願いいたします。

今回の記事でもお話ししたように、1人では解決できない問題は必ず存在します。
特に初めて挑戦する分野であれば、尚更わからないことだらけだと思います。

「気軽に相談できる先輩」くらいの軽い立ち位置であなたの相談に乗らせていただきます(^^)

始めてお話しするのは緊張するかもしれませんがご安心ください!
私も初めましての方との会話は緊張します(笑)

でも私のブログを見て「この人と話してみたい」と、あなたに思っていただけたなら、私もあなたとお話してみたいです!

大学1年生から9年以上、オンラインビジネスを続けてきた経験からお話しできることがあれば、お力にならせていただきます(^^)

 

私をきっかけに、あなたの人生の選択肢が広がり、あなたの望む人生を歩めるようになってもらえるなら、私はこの活動をしている価値があったと胸を張れます。

このページを読んでいるあなたと個別でやり取りできることを楽しみにしています。

そしてもし叶うなら、1年後、2年後に

「自立した収入の柱」を作れるようになり「時間や場所に縛られない」自由でイキイキした生き方をしているあなたが

私の作ったカフェバーに遊びに来てくれたら嬉しいです。

あなたからの相談を心からお待ちしております。

 

 

【下記は私が実際に行っていたコンサル風景です】

【教え子たちへのセミナーや勉強会の風景】

【書籍出版 実績】

 

【会社情報】

・会社名   :合同会社Growth
・代表者名  :関純平
・会社住所  :東京都千代田区飯田橋1-12-16 福岡ビル3F
・お問い合わせ:selfworkmanagement@gmail.com
・電話番号  :050-5216-3528

 

期間限定 キャンペーン実施中

2 件のコメント

    • コメントいただきありがとうございます(^^)

      オンラインビジネスは可能性が無限大なので、一緒に頑張りましょう!
      ご協力させていただきます(^^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA