お金がない人とお金持ちのたった1つの決定的な違い

こんにちは関です。

 

今回のテーマは、「お金がない人とお金持ちの決定的な違い」についてです。

 

  • 働いても働いても楽にならない
  • お金がない状態から抜け出したい
  • 常に時間がない

 

こんな状態にいる人も多いのではないでしょうか。

 

お金を稼ぐためにアルバイトをしたり、やりたくもない仕事を我慢していやっていたり、「とにかく毎日忙しい」とそのようなストレスを抱えている人の話はどこに行っても聞きますよね。

 

でも、その一方で、経営者などいわゆるお金持ちと言われる人たちは、暇だったりします。

 

例えば、

  • 家族との時間を大切にしていたり
  • 自宅で引きこもってゲームをしていたり
  • 平日の昼間からゴルフをしたり

お金を稼いでいる人って案外暇なんですね。

 

実際に私自身も、そこまでのお金持ちではないかもしれませんが、最近では、平日の昼に、VRのゲームを同棲している彼女と楽しんだりしています。

 

忙しいのにも関わらずお金がない人暇なのにお金持ちな人

 

両者は対極にありますよね。

 

この違いはどこから生まれているのでしょうか?

 

今回は、その違いとなる、「お金がない人とお金持ちの決定的な違い」について解説していきます。

 

 

なぜお金がない人は忙しいのか?

 

朝から晩まで働き、時間を費やしているにも関わらず、生活に困窮している人は少なくありません。

 

また、中には、仕事を掛け持ちして、昼に働いた後、夜の仕事をして、とWワークで働いている人だっています。

 

そして、それだけ忙しいにも関わらず、「お金がない」という悩みを抱え続けています。

 

これらの原因は、結論から言うと、「時間を売っているから」です。

 

時間を売っているとは、「時給で働いている」ということです。

 

大手のサラリーマンだろうと、学生のアルバイトだろうと、どちらにしても、時給で働いていることに変わりはありません。

 

この時給で働くという働き方には限界があるのです。

 

時間を売るには限界がある

 

例えば、日本のトップの企業は、平均年収が1600万円だそうです。

 

まあこれは額面上なので、手取りにすると、1000万円を下回るのですが、とにかく日本のトップの企業では、週5で8時間勤務して、年収1600万円を得ているわけです。

 

1600万円というと、高いと感じ人もいるかもしれませんが、それでも多くが家庭を持っていて、家のローンなどもあるので、なんだかんだ手元には残らないという人も少なくありません。

 

週5で8時間しっかり働いてです。

 

そして、これを時給に換算すると、時給約8000になります。

 

つまり、日本にいる限り、時給が8000円を超えることはできないんですね。

 

限界なんです。

 

お金持ちの働き方

 

一方で、お金持ちと言われる人はどういう働き方をしているかというと、例えば、週に3日くらいしか働いていないんですね。

 

で、何でお金を稼いでいるかというと、「商品」を売っているんです。

 

不動産会社の社長なら不動産が商品ですし、

保険会社なら保険が商品です。

 

さらにいうと、YouTuberは動画が商品になるわけですね。

 

この商品が自分の代わりにお金を稼いでくれているわけです。

 

お金持ちになりたいなら自分の商品を売れ

 

この両者の違いは何かというと、

  • 「時間」を売るか
  • 「商品」を売るか

の違いでしかないんですね。

 

特別に能力が違うかというとそうではないんです。

単に選択が違っているだけなんです。

 

実際に経営者でもバカな人はたくさんいますし、アルバイトでも優秀な人はたくさんいます。

 

ただ、選択が違うだけなんです。

選んでいる働き方が違うんです。

 

商品が売れれば自由になれる

 

商品が売れれば時間が作れます。

 

例えば、私の周りには電子コンテンツをネット上で販売している人が数多くいます。

 

1つの値段が20000円とか、30000円のものとか。

 

すると、1つ売れるだけで時給8000円以上になりますよね。

 

しかもその人たちは、自分が寝ている間にも、商品がお金を稼いでくれています。

 

ゲームをして遊んでいてもお金が入りますし、

平日にゴルフをしている時もお金が入ります。

 

家族と楽しんでいる時もです。

 

アルバイトやサラリーマンだったらありえませんよね。

普通に寝てたらクビになります。

 

で、商品を売ることのメリットは、売れる数はどんどん増えていく可能性はあるのに、労働時間は変わらない、むしろ減っていくんです。

 

一度作ってしまった商品は、売れ続ければ、一生あなたを稼がせてくれるんですね。

 

時間を売らず商品を売れ

 

だから最終的に何が言いたいかというと、結論としては、「時間を売らずに商品を売れ」です。

 

だってその方が圧倒的に人生が豊かになりますから。

 

とは言っても商品なんて自分には作れないよという人もいると思います。

 

そういう人のために、明日の記事では、「実績やスキルがなくてもできるネットで商品を売る方法」について解説していきます。

 

楽しみにしていてください。

期間限定 キャンペーン実施中

※人数限定※ 無料LINE電話相談 受付中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA