「記事が書けない」と悩むあなたへ。スラスラと文章が書けるための6つのステップ【会社員の収入に依存しない生き方】

はじめに

こんにちは!関です。

【ネットビジネスで素早く成果をしたい人へ】

私のブログにたどり着いたという事は
「今の生活を変えるためにネットビジネスで成功したい」
と思っているのではないでしょうか?

私はネットビジネスについて様々な記事をこのブログで公開していますが
「早く本題の稼げる方法を知りたい」
と思っている方は私の特別講座を登録してください。

登録後に届く私のオンライン講座では

☑「小さなビジネスオーナー」になるための5ステップ
☑学校では教えてもらえない「自動収入の具体的な作り方」
☑200名中80%が共通した脱サラまでの道筋「脱サラテンプレート」
☑日本社会が隠してきた「サラリーマン=奴隷」の実情

などを配信しています。

ネットビジネスの知識が何もない0の初心者でも
「何をどうすれば稼げるようになるのか?」
を丁寧に解説しているのでまずは特別講座を登録してみてください!

あなたはブログ記事がなかなか書けずに悩んでいませんか?

「今日こそ○記事書こう!」

そう思ってパソコンの前に向かっても、
どうしても手が止まってしまったり、

書きたいことがなくなってしまって、
結局かけずに諦めてしまったり。

いいアイディアや、書きたい内容は思い浮かんでも、
それを文章にするのって、
意外と難しいですよね。

情報発信の重要性が高まる今の社会。

思っていることを文章にし、
正しく伝える技術が求められています。

経験したことや、持っている知識を文章にし、
発信することは自分の考えを整理するのに役立ちますし、
人にとって大きな価値を与えるものになります。

逆に、これだけの情報社会になっているのに、
特別な経験や知識を情報として
残せないのは大きな損失といえます。

今回はそんな、
「記事が書けない」と悩むあなたに向けて、
伝えたいことを記事に残すために役立つ方法を
お伝えします。

☑ブログ記事の作成がなかなか進まない
☑書きたいことはあるのにいざ文字に起こそうとすると止まってしまう
☑周りに相談できる人がいない

という人は今回の記事を参考にしてみてください。

Ⅰ.伝えたいメッセージを文章化するプロセス

いざ文章を書こうと思ったとき、
意外と難しいと感じたことは誰しもがあると思います。

今回はそんなあなたのために、
記事を書くプロセスを分かりやすく
理解するために、6つのステップにしたので、ぜひ活用してみてください。

1.コンテンツキャンパスで書く目的や情報の整理を行う
2.マインドマップでキーワードを洗い出す
3.キーワードをグルーピングして整理
4.アウトラインの作成をして伝える順番を考える
5.ノンストップ・ライティングでとにかく書く
6.アウトラインの見直し

①コンテンツキャンパスで書く目的や情報の整理を行う

まず、書く目的や情報整理を行うことで、
伝えるべきテーマを明確化します。

その際に有効なのが、
「コンテンツキャンパス」です。

コンテンツキャンパスでターゲットや
伝えたいポイント、
読者のネクストアクションなどを整理することで、
伝えるテーマの輪郭が浮き彫りになっていきます。

②「マインドマップ」で自身の関心テーマを可視化する

文章にする目的や情報が整理されれば、
発信したいテーマに関する周辺情報をあらいだし、
アウトラインの制作行います。

その際は、自身が発信したいことは
何かを可視化することで、
書くべきことを整理します。

頭の中にぼんやりとある伝えたいことを
整理するために有効なツールが
「マインドマップ」です。

マインドマップは中心に主題となるテーマを描き、
それに関連する情報を描き出して、
考えていることの全体像を把握しやすく
言葉と言葉の関係も把握しやすい方法です。

脳内の情報をすべて書き出すようなイメージで、
頭に思い付いた言葉を書き出していきます。

紙やノートに書き出してもいいですが、
アプリなどもあるので、有効に活用していきましょう。

③出てきたテーマをグルーピングし、具体的な企画案に落とし込む

できたマインドマップを見てみると、
様々なキーワードが出されていると思います。

連想ゲームのように思いついたキーワードを
かいていくとその幅が広がりやすくなります。

マインドマップを具体的なコンテンツ企画に
落とし込むためには、収束させる必要があります。

そのために、キーワードを共通項で
まとめていくことをしていきます。

「KJ法」と呼ばれる発想法では、
意味や文脈が近いキーワードをまとめていき、
小さくまとめて、そのグループの名前などを考えていきます。

そして次に小グループの中で近いものをまとめていって、
グループに名前を付けていきます。

こうしてグルーピングしていくことで、
発信したいテーマの中で言及すべきことが整理されます。

④「人に話して説明する」イメージで、記事のアウトラインを作成する

グルーピングが完了したら、
次はアウトラインを作成します。

アウトラインとは、
文章における骨子や構成案となるものです。

アウトラインの作成時には、
「何を書こうとしているのか」を考え、
グルーピングした情報をどの順番で伝えるのかを考えます。

普段の会話の時のように、
人に何かを話して説明するときのことをイメージすると、
アウトラインを作成しやすい
と思います。

実際に作ったアウトラインを、
友人や家族などに伝えて、相手が理解してくれているかを
確かめることも有効です。

もし、伝わりづらいポイントがあれば、
よりわかりやすくなるようにアウトラインの修正を行います。

⑤「書く」ことのハードルを下げて、まずは書く

アウトラインを作ったら、
次は、「書く」ステップです。

普段から文章を書いていない人にとって、
書くための準備も大切ですが、
「書くことのハードルを下げる」ことも大事です。

そのために有効なのが、
「ノンストップ・ライティング」です。

とにかく書き続け、
書くことが思い浮かばない時ですら、
「書くことがない」と記述する、
頭に思い浮かぶことをとにかく書き出すことでアイデアをひねり出す方法です。

書くときに悩んでしまうと、
つい筆が止まり、
記事を書き上げることが難しくなります。

まずは書いていくために、
「30分間は書き続ける」と決め、
作成したアウトラインに沿って文章を
ひたすら書いてみましょう。

⑥文章を書き上げた後、文章のブラッシュアップを行う

下記の5つのステップを参考に、
ブラッシュアップしてみてください。

削る・・・記事の文字数に合わせて、使わなそうな部分を削る
選ぶ・・・削って残った文章から「ここは絶対に使う!」という部分を選んで抜き出す
並べる・・・選んだ文章を読みやすくなるように並べ替える
繋げる・・・文章としてつながるように、必要な表現を加筆する
整える・・・目安の文字数に収まるように最終調整する

繰り返し読みながら、
文書をブラッシュアップします。

読み直す際は少し時間を置いたり、
PCで書いた場合は、
スマホで文章をチェックしたりすると、
文章の誤りに気づきやすくなります。

Ⅱ.まとめ

今回は、「伝えたいテーマ」を文章化するための
6つのステップを紹介しました。

「記事を書く」と考えると、
ついハードルが高く設定してしまいがちです。

文章を作成するプロセスを細かく分解していくと、
書くことのハードルを下げられます。

書いて伝えたいテーマがあるという方は、
ぜひ今回の方法を試してみてください。

私のメールマガジンでは、
ゼロからインターネット上に資産を構築して、

会社に依存しない自由なライフスタイルを
送るためのエッセンスが詰め込まれています。

もちろん無料ですので、
もしよかったら登録してみてください。

その行動力が、
あなたの未来を大きく変えることになるかもしれません。

あとがき

≪本日のまとめ≫

もっと詳しいネットビジネスの始め方については私の
「無料オンライン講座」で学べるのでぜひ登録してみてください(^^)

詳しくは下記の申し込みボタンをクリックしてください!

◆本業+@の収入を獲得する『週末転職』してみませんか?

『サラリーマン辞めたい人必見!!』

☑パワハラしてくるブラック企業辞めたい
☑奴隷の様にこき使う上司から離れたい

仕事変えられるスキルが欲しい 仕事の隙間時間や週末、休日の空き時間など1日1時間から始められる
本業+@の収入を獲得する『週末転職』してみませんか?

◆脱!駆け出しブロガー養成講座の登録はこちら

『脱!駆け出しブロガー養成講座』では、

☑「非稼ぐ系のコンテンツビジネス」のマーケティング戦略
☑「会社員の収入だけに依存しない生き方」を達成するための成功法則
☑年間6900万以上の利益を確保したコンテンツビジネスの裏側

などを発信していきます。

登録者限定のプレゼント資料も随時更新していくので登録しておくと、直ぐに受け取り可能になり非常にお得です。

最新情報を受け取りたい方は是非チェックしてみてください👍

◆運営メディア一覧

関 純平 lit.link(リットリンク) // 合同会社Growth 代表取締役 //、📍東京/つくば、SNS、Youtube、ブログ、商品、HPなど、いま見て欲し lit.link

最後までお読みいただき、ありがとうございます(^^)

【せきマガジン】

【運営メディア一覧】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。