文章で人を行動させる具体的な方法【2つの法則を紹介】

こんにちは関です。

 

今回のテーマは「文章で人を行動させる具体的な方法」です。

 

 

  • ネットで商品を売れるようになりたい
  • もっとフォロワーを増やしたい
  • 自分の発信の影響力を持ちたい

 

あなたもこのようなことを考えてはいませんか?

 

自分に影響力があって人を行動させることができれば、お金が稼げるようになるのになぁ

 

今回はそんな方に向けた記事です。

 

関純平
「人を行動させる」と聞くと何か洗脳でもするのかと思いますが、決してそうではありませんよ!

 

例えば、

  • あなたが1つツイートしたことに対してSNSで拡散が起きたり
  • 商品をおすすめしたらそこから多くの人に買ってもらったり

このようなことが「人を行動させる」という意味になります。

 

これができるとネットでビジネスをするのがすごく楽になります。

 

あなたが1つツイートするだけでそれがバズって、いいねやリツイートが止まらなくなりピコンピコンとスマホへの通知が鳴り止まない

 

ブログでレビュー記事を書けばそこから申し込みが取れるようになりあなたが寝ている間も収益を生み出してくれる

 

そんなこともできるようになるんですね。

 

 

なので今回は、そんな「文章で人を行動させる方法」について初心者でも理解できるように解説していきます。

 

文章で人を行動させる具体的な方法

いきなり結論で、この記事で1番大切なことなんですけど、人を行動させる1番の方法は「未来を語る」ことです。

 

結局、人が行動を起こすのは2パターンしかないんですね。

 

  1. 快楽を求めて行動する
  2. 痛みを避けるために行動する

 

この2つでしかないんです。

 

 

だから、この2つを未来を語ることで読者にイメージさせるんですね。

すると、読者は必ず何かしらの感情を抱き、行動を起こさざるを得なくなります。

 

 

例えば、ブログのアフィリエイトについて、読者を行動させたい場合は、

 

良い例

ブログのアフィリエイトで収入が得られるようになると、とにかく時間ができます

僕は今、セブ島っていう島国に住んで、海を眺めながらこの記事を書いています。

 

ネットで収入が得られるので、場所にとらわれずに仕事ができます。

だから、こうして海を眺めながら、パソコンをカタカタして仕事することも可能なんですね。

 

 

これが未来を語るということですね。

  • 時間が得られる未来
  • 場所に縛られない未来
  • 自由を手に入れられる未来

これらの未来がイメージできますよね。

 

すると読者は行動するんです。

 

 

でもダメな人は、未来を語らずにメリットだけを語ってしまうんですね。

 

ダメな例

ブログのアフィリエイトはネットで企業の商品を代わりに販売して報酬をもらう仕組みです。

初心者でも人気の副業です。

 

記事を書いて広告を貼ってそこから申し込みが入るとお金がもらえます。

すごく簡単なのであなたも始めてみましょう。

 

読者は仕組みとか、スペックとか全然興味ないんですね。

 

知りたいのは、それができたら「どんな未来が手に入るのか」なんですね。

これがまず、快楽を求めて行動するパターンです。

 

 

次に痛みを避けるために行動するパターンを解説していきます。

 

例えば、就活を例に挙げます。

 

良い例

就活セミナーには絶対に行っておくべきです。

なぜなら就活は情報戦だからです。

 

この情報をはじめにとりにいかないと、どうなるかっていうと8割の人はブラック企業に就職することになります。

就職しないほうがいい会社の特徴などを知らないわけなので、悪い会社がわからないんですね。

 

だから、ブラック企業で休みなく働いて、残業して、一生会社に使われて終わります。

だから、就活セミナーにはめんどくさくても行っておいた方がいいです。

 

こんな感じですね。

 

 

  • ブラック企業にはいきたくない
  • 休みなく働くのは嫌だ

 

こんな最悪の未来がイメージできますよね。

 

 

すると読者はそれを避けるために行動するんですね。

 

 

読者を行動させる心理的法則【2つを紹介】

では、これをさらに具体的にしていくために、2つの法則を紹介します。

 

それが、

  • HARMの法則
  • LF8

です。

 

HARMの法則

 

HARMの法則は

  • Health…健康
  • Ambition…キャリア
  • Relation…人間関係
  • Money・・・お金

 

の頭文字をとったものなんですけど、人間の欲求っていうのはこの4つがメインなんですね。

 

例えば、就活だったら、キャリアとお金、あとは人間関係(嫌な上司)なんかも入りますよね。

この4つのポイントで、読者を行動させるための最高の未来最悪の未来を考えてほしいんですね。

 

そしてそれをイメージできるように文章にしていくんです。

 

LF8

 

もう1つがLF8です。

Life Force-8の略なんですけど、人間の持つ欲求は必ずこの8つにたどり着くというものです。

 

それがこちらです。

  1. 生き残り人生を楽しみたい
  2. 食べ物・飲み物を味わいたい
  3. 恐怖、痛みから逃れたい
  4. 性的に交わりたい
  5. 快適に暮らしたい
  6. 他人に優り世の中に後れを取りたくない
  7. 愛する人を守りたい
  8. 社会的に認められたい

 

人間の持つどんな欲求も最終的にはここにいきつくと言われています。

 

例えば、筋トレを例にあげます。

 

筋トレをやる理由って結局モテたいからだったりしますよね。

かっこいいカラダを手に入れたいとか。

 

すると、性的に交わりたいという欲求だったりします。

 

もしくは力を手に入れて、愛する人を守りたいとか、

他人に勝っている優越感に浸りたいとか

 

全ての欲求が結局LF8にいきつくんですね。

 

この2つをまず理解して、文章書く時にどの欲求に訴えれば読者は行動するのかを考えてみてください。

それだけで文章の反応率が大きく変わります。

 

まとめ

 

文章を書いて人を行動させたい時には、

今回紹介した2つのポイントを意識してみてほしいんですね。

そうすると、

  • 1つのツイートでバズが起きたり
  • 商品をおすすめしたらそこから多くの人に買ってもらったり

そういうことができるようになります。

 

では今回は以上です。

期間限定 キャンペーン実施中

※人数限定※ 無料LINE電話相談 受付中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA